はじめに

今、我々流通業をはじめ様々な分野において、時代は急速に変化しています。
私達の人生のほとんどは二十世紀で生きてきました。

二十世紀、すなわち高度成長期の豊かな時代・良き時代を『安定の時代』と呼ぶとしたならば、二十世紀は良い大学を出て、大手企業に就職し中流以上の家庭を築く事が出来た時代。高望みせず仕事をこなしていれば安定と言う終身雇用が約束された時代でした。企業に守られ、家庭を守る事が社会人としての本懐と捉われていた時代でもありました。

『終身雇用』『年功序列』が崩壊しつつ、大手企業の破綻・年金問題・・・様々な安定が崩され、何にも守られない時代に突入した事を理解できずに企業から放り出されていく時代へと変化してきました。
二十一世紀は『野生の時代』への幕開けとなったのです。たとえるならば動物園の檻の中にいる、百獣の王ライオンですら野生へといきなり放り出されたら生きてはいけないのが現実です。

我々はそんな二十世紀の『安定時代』から二十一世紀の『野生時代』への【シフト】を早急にしていかなければいけません。過去を捨てるのではなく知識として糧とし、新しい時代への順応性を身につけ野生の時代を生き抜いていく事となるでしょう。

今こそ二十世紀から二十一世紀へ【シフト】し、これから社会に飛び出していく若者達、そしてこれから生まれてくる子ども達に『思想』として残して行ける様に取り組んで参ります。

はじめに

我々人間は家がなくとも、着る物がなくともかろうじて生きていく事は出来ます。しかし食べる物がなければいつかは飢え、死んでいく事でしょう。

弊社は幅広い「流通業」の中でも、生命に不可欠な『食』に携わっております。
日々の営業活動が『食』に携わりお客様との関わりに、私達は深く重い使命感と責任感を感じております。

今の時代「安心・安全」は当たり前の事であり、これからどのような販売をして行かなければいけないのか、またどのような情勢変化が現れてくるのかを分析・判断し『食』への絶対的信頼を勝ち取る事が必要です。お客様や関わる全ての人達との【相互信頼】の関係を保ち、これからの食流通への取り組みをスタートいたします。

社名に恥じない『待ち望んでいるもの』を、これからもお客様に提供していく事が弊社の「食流通」への取り組み姿勢と考えております。

社長ごあいさつ

企業理念 「幸福感の共有」

食肉小売業を通して、お客様へそして、

事業に携わった人々、企業すべてが幸福感

そして満足感を得られ、それを皆で共有する。

個人個人が日々の生活・営業活動に通じて、

共に夢を持ちストーリーを描き、それを実現させる事が

最大の事業であり、企業発展につながる。

その結果、個人個人に幸福感を満たすものと信じて

目標を達成、成功させます。

代表取締役社長 大埜 成幸